東広島市指定水道工事業協同組合|略称:東広島市水道組合(公式サイト)|漏水調査・緊急修理・水まわり・リフォーム

東広島市指定水道工事事業組合

HOME 緊急修理・漏水調査・水回りのリフォーム 水道屋さんの知恵袋 組合員紹介 工事業者様へ

水道屋さんの知恵袋

ほんの少しの注意や智恵で、大きな修理にいたらないことがあります。お役にたてたら幸いです。

簡易漏水確認法と対処法

水道料金が急に高くなった気がする、検針員さんに「漏水してるかも…」と云われた。そんな時、ご自分で簡単に漏水を確認する方法があります。
漏水は、家計の負担になるばかりでなく、漏水箇所によっては、地盤のゆるみや家屋の損傷を招きます。年に一度程度の定期的確認で、あなたのお家をお守りください。

簡単漏水確認法

  1. 家中の蛇口を締め、水を使用していない状態にします。
  2. メーターBOXの蓋を開けます。
  3. 水道メーターのパイロット部分が回転していないかどうか確認します。(約1分間)
  4. 通常は、パイロットは動きません。 もしパイロットが回転している時は、どこかで漏水している可能性があります。 漏水している量が少ない時はゆっくり、多い時は速めに回ります。
    おおよその目安として、パイロットが時計の秒針と同じくらいの速度で回っている時、1分間に管径13mmのメーターなら90cc、20mmのメーターなら146ccの漏水量と思われます。
  5. パイロットが回転している時は、目に見えて濡れている箇所がないか、もしくは壁の中などから流水音が聞こえる箇所はないか、点検してみてください。ただし、分からない場合も多くあります。また、漏水箇所は1箇所とは限りません。

対処法

  1. 水栓の近くには、止水栓バルブがある場合が多くあります。漏水量が多い!と思われる場合は、その止水栓バルブを閉め、止水します。
  2. 止水栓バルブが分からない、バルブが固くて閉められない、取りあえず修理を頼みたい!と思われます方は、「東広島 水のお助け隊」にお電話ください。
copyright © 2016 東広島市指定水道工事業協同組合 All rights reserved.